たけがみじゅんこのちょっといい話
   
 

トップ > コラム > 2020年5月

 


◇ スーツの着こなし ◇

皆様から寄せられたビジネスマナーへの質問にお答えさせていただきます。今回は、スーツの着こなしについてのご質問です。

【ご質問】
今春、新社会人となり、初日からスーツで出勤しました。その時に気づいたのですが、スーツの上着のポケットにはフタのような部分があります。これは、外に出しておくのでしょうか、それとも中にしまうのでしょうか。周りを見ると、まちまちです。これから毎日着るので気になりました。どちらが正しいのでしょうか。

【回 答】
ポケットのふた(フラップ)は、屋外では外に出し、屋内では中に入れます。

新社会人になり、身だしなみの整えも今まで以上に気を遣うこととなりますね。
フラップはポケットへほこりや雨雪が入るのを防ぐためにあります。ですので、屋外にいる時は、外に出し、ポケットの中が汚れないようにします。また、屋内に入ると、屋外でむき出しになっていたフラップも不要となりますので、ポケットの中に入れ仕舞います。本来の機能を踏まえると、このようにしますが、入れたり出したりと手がかかりますので、どちらでも結構です。左右のどちらかだけ、入っているということのないようにしましょう。
また、お客様とのあいさつの際、向き合ってあいさつし、名刺交換をする、といった時には、スーツの前のボタンは留めましょう。ただし、一番下は外します。一番下は飾りの意味合いのボタンで、また全部留めるとスーツの形がくずれるからです。
組織の印象を伝える接遇表現の中でも、身だしなみは初期印象を決定づける大切な要素ですので、細かなところにも気を配り、整えていきたいですね。

2020年5月

代表取締役社長 竹上順子



 業務案内紹介 │ たけがみじゅんこのちょっといい話 │ 個人情報 │ 会社案内 │ お問合せ
CopyRight (C) 2011 Inter Pros inc. All rights Reserved.