たけがみじゅんこのちょっといい話
   
 

トップ > コラム > 2019年11月

 


◇ 人前で緊張せず話すコツ ◇

皆様から寄せられたビジネスマナーへの質問にお答えさせていただきます。今回は、人前で話す時の心構えについてのご質問です。

【ご質問】
私は人前で話しをするのが苦手で、親しい人とはスムーズに話せるのですが、会議などで当てられると一気に緊張して舞い上がり、何を言っているのか分からないことを言ってしまいます。どこでも堂々と話ができる人を見るとうらやましく思います。人前で緊張せずに、言いたいことをきちんと伝えられるためのコツがあるのでしょうか。

【回 答】
まずは慣れること、慣れるまでは「結論を短く話し、返事と復唱」で乗り切りましょう。

不慣れな場所でいきなり、意見や回答を求められると、誰でも緊張します。特に会議など、皆が自分を見ていると思うと、緊張もひとしおです。
結論から言えば“場に慣れる”が、一番のコツです。何回も同じ状況に置かれると、誰でもできるよう、言えるようになるものです。あなたの場合、まだ慣れていないからできないだけで、回数を踏めば、間違いなくできるようになりますよ。
でもそれまで、一体どうしたらよいのか不安でしょうから、2つアドバイスをします。
まずひとつ目は、発言する時、伝えたいことの結論を短く言って始めるということ。つまり“こういうことが言いたいのです”という宣言を相手にすることで、その場の方向付けをすることができます。
ふたつ目は、反論されたり、意見を求められた時には、『返事』か『復唱』で応じるということ。「はい!」という返事は、相手を肯定する代表的な表現ですし、「そうですね」などと続けることで、コミュニケーションが一歩前に進みます。
また復唱は、相手の意向を確認するに使います。「〜〜と言うことですね」と要点を繰り返し、意向を共有できたら、続けて説明を加えたり、「少しお時間を下さい」などと猶予を申し出ます。
いかがでしょうか。最初は誰も慣れない場所は緊張するものです。このポイントを試しながら自信をつけて下さい。
2019年11月

代表取締役社長 竹上順子



 業務案内紹介 │ たけがみじゅんこのちょっといい話 │ 個人情報 │ 会社案内 │ お問合せ
CopyRight (C) 2011 Inter Pros inc. All rights Reserved.